活動報告

2010年2月11日(木) 9:30~16:30 心の安全パトロール隊養成講座

2010年02月11日(木)

の安全パトロール隊養成講座
平成22年2月、和歌山市で『こころの安全パトロール隊養成講座』が開催されました。
保坂隆先生(東海大学医学部教授)が行う厚生労働省科学研究の一環です。
平成21年に共同研究者である厚坊(南和歌山医療センター臨床心理士)が同研究において行った研究があり、「和歌山県内の公立中学において精神障害の知識・対応方法について講演を行った結果、初年度は精神科紹介数が9倍に増え、その後2年間紹介件数が減ることは無かった」という長期的な報告を行いました。
その後、保坂研究班フィールドとして和歌山県が抽出され、本講座の開催へと至りました。

講座名:第1回和歌山県こころの安全パトロール隊養成講座
日時:平成22年2月11日(木・祝)9:30-16:30
場所:和歌山県民文化会館特設会議場
講師:保坂隆先生(東海大学医学部教授)

企画の背景

平成21年度厚生労働科学研究費補助金(障害保健福祉総合研究事業)

研究課題名

精神障害および精神障害者に関する普及啓発に関する研究(H20-障害-一般-005)

参加者内訳 65名

教育職(教員・養護教諭等) 12名 
福祉職(介護支援相談員・社会福祉士・PSW等) 9名
精神医療職(精神科医・臨床心理士) 10名
医療職(看護師・薬剤師等) 23名
その他援助職(電話相談員・内観研修所スタッフ等) 11名
※複数の資格を所持する参加者については、現在勤務している職場の所属先・職名から一番近いものを選びました。

評価方法

1 講座前後で精神障害に関する知識を問うテストを実施(20点満点)
2 講座前後3カ月で、友人や知人を精神医療機関へ紹介した件数

結果

1 平均点が15点⇒18点へ上昇
2 無回答が17名を数えたものの、受診援助件数は25名と、有効回答数48名中50%を超えます。また受診援助数が減少した6名も、講座前3か月間で数件の受診援助が見られており、ある一定の援助件数は保たれています。

全参加者65名

△(変化なし) 17名 
×(無回答) 17名
↓(減少) 6名 
↑(増加) 25名

考察

本調査結果より、こころの安全パトロール隊養成講座を開催することで、こころの病気に関する知識が上昇すること、精神医療機関への紹介件数が増加することが示された。
つまり、こころの安全パトロール隊養成講座受講者の多くは、受講後に知識を生かして周囲のこころの病を持つ人に対し、適切な判断を行い対応を行っていることと思われる。

紀北事務局

和歌山県和歌山市冬野1045番地 和歌山内観研修所内

紀南事務局

和歌山県田辺市たきない町27番地1号 独立行政法人 国立病院機構
南和歌山医療センター内