活動報告

2013年11月26日 『第3回 職場のメンタルヘルス講座』

2013年11月26日(火)

『第3回 職場のメンタルヘルス講座』13時~16時
ビッグ愛9階会議室で開催いたしました。
第1部は、宮田栄子先生による「女性の視点からみたンメンタルヘルス対策」でした。 NTT系列で全国初の女性支店長として活躍された経験など、興味深いお話がされました。
第2部は、天野常彦先生による「不調者だらけの職場は、どのようにしてよみがえったのか」でした。 休職者数5%のメンタル不調者を抱えたソフト会社を3年半で改善した具体的視点や方法などをお話しいただきました。
メンタルへルス対策をすることにより、会社の業績と社員のパフォーマンスが共に、著しく改善した体験などを元にした実践的な内容でした。
和歌山県内の企業、病院、福祉団体の方など多業種の方々にお越しいただき、職場のメンタルへルスへの関心の高さを感じました。 皆様熱心にメモを取られていました。
ご参加ありがとうございました。

アンケートの一部を掲載させて頂きます

  • とても元気が出る内容でした。人の長所を観て!というのが印象的で、短所を観てグチっていた自分を反省しました。明日より実践しようと思います。
  • 先生の実体験談と経験談でしたが、非常に参考になりました。特に社内の人間関係が良くなれば業績にもつながることもわかりました。
  • 職場の対応内容について参考になります。職場に持ち帰り、上司とも今後の対応の参考とします。
  • 職場の中で、健康管理をしています。会社の根本を変えてしまう発想に感動しました。働きやすい。明るく、楽しい環境の職場になるようにと思うのですが…。
  • どの様な施策を作るのか?どのようなルールを作るのか?ではなく、その施策やルール変更にどのようなメッセージをこめるか?どのようにそのメッセージを受け取ってもらうか?が大切だと気づきました。

今後「職場のメンタルヘルス講座」で聞いてみたい内容があればお聞かせください

  • 同僚として気をつけなければいけないことなど。
  • 復職した人との関わり方…普通で良いと思うのですが…気を付けてあげないといけない点など。
  • 新型うつや、発達障害の職員に対する具体的な対応についてお話を頂ければありがたく思います。