お知らせ

いのち大切シンポジウム2022のご報告

2022年02月23日(水)



●いのち大切シンポジウム2022
~心と体の健康づくり 医療・ヨガ・心理・宗教の智慧~

開催日時:2月20日(日)14:00~16:10

コロナ第6波の真っただ中のためオンラインで開催しました。

ヨーガ療法士の岡先生は会場の和歌山ビッグ愛9階会議室にお越し頂きスタッフと一緒に配信を行いました。ご講師の先生方、ご参加の皆様、ご協力くださった皆様に感謝申し上げます。また、当日の運営にあたりNPOサポートセンター志場様にも多大なご協力賜り感謝申し上げます。

いろいろな分野の方と当NPO理事長の交流を通じて、日常生活でのメンタルの安定に役立てる情報をお届けするべく企画しております。

今回はヨーガ療法士の岡良夫先生と浄土真宗のお坊さんでミュージシャン・心理士・YouTubeなどいろいろな切り口で活動されている藤岡延樹先生にお越し頂き実習・講演・ディスカッションの2時間でした。

注意:当NPOは宗教関係の協力者も多数いらっしゃいますが、特定の宗教や宗派をお勧めするものではありません。また、特定の信条や哲学をお勧めするものでもありません。

色々なメソッドや考え方をご紹介することはありますが、医療的あるいは学問的に認められているのか否かをご紹介の根拠として注意してまいります。

●ヨーガ実習 岡良夫先生

ヨーガの歴史やヨーガ療養学会での研究成果などヨーガの概要をご紹介いただいたあと、椅子に座って出来る首や肩周りのエクササイズ、呼吸への意識など教えて頂きました。行者が行う宗教的高みを目指すヨーガと現代エクササイズとしてのヨーガの両面を知ることができ奥深さを感じました。簡単なエクササイズで首肩周りがすっきりすることにも驚きがありました。ヨーガ講座はコロナ禍でもあり人数制限をしているので申込に対してお断りしている状況だそうです。少しのワークでこんなにすっきりするので人気というのも理解できます。

●講演「信に死し願に生きる」藤岡延樹先生

仏教徒は何か。哲学でありメソッドであり宗教でもある多面的な要素を持つ仏教のご紹介。創始者のお釈迦様の苦悩や人生への問いとその答えを求め悟った境地から生まれてきたということがよく理解でしました。私たちにことばとして伝わってくる事柄を情報と物語という切り口に分け、宗教を自分の人生に語り影響を与える物語だとご紹介くださいました。自分事として受け止めることができるもの。自分自身に問いかけてくるもの。それが物語だと。その物語を受け止めて「人生上の問題」から「人生そのものの問題」に意識が移ってゆくことで「人生への意味」を問う気持ちに変わってくるそうです。肺がんで余命いくばくもない方が宗教的視点から感じ取られた「人生への意味」をご紹介されました。宗教やあるいはそれに類する思想や哲学から人生への視点が開かれてくる様子を追体験させて頂きました。

●シンポジウム

東理事長のコーディネートで開催されました。時間があまりなかったため、人の助けになると感じて目の前の活動に取り組んでいるモチベーションを中心にディスカッションされました。興味深い内容でしたが、もう少し時間があると内容が広がったように感じられ、残念でした。運営上のミスでもあり先生方、ご参加の皆様にお詫び申し上げます。

●ビッグ愛からの配信の様子

以下アンケートの集計をご紹介します。ご回答ありがとうございました。

頂いた皆様のご感想
コロナ禍で、閉塞感が強くなっています。今後も、学びの機会をいただき、精進していきたと考えています。本日は本当にありがとうございました。
ありがとうございました。
藤岡先生のお話が大変興味深かったです 若い人に宗教的な話は難しくどう価値観を変えてもらえるかは難題です
ありがとうございました
本日はありがとうございました
岡良夫先生の体の視野、心の視野、呼吸、わかりやすく説明してくださりありがとうございます
藤岡延樹先生 自転車に乗れる 学んだことの証しは何かが変わる
0点で救われる 情報と物語について、とてもわかりやすくお話してくださってありがとうございました東先生、藤浪先生、この企画をしてくださったことに感謝します
ぜひまた参加させていただきたく思います
ありがとうございました
ヨガのこと知らなかったことを知りました。藤岡延樹先生のは難しく何を言いたいのかよくわからなかった。いずれにしても参加させていただきありがとうございました。
 有難うございました。テーマは、重いですが実に重要ですね。私は、学校現場で「心の課題」を抱えた先生方に出会います。昨年度も2名の方が「病気休職」して、現在復帰の準備をしています。
今年度も、医療に係わりながらも心の安定が得られず悩んでる若い先生の相談に乗っています。自らが道を選択・決定できるように支援できれば、最悪にはならないと信じています。私のかかわりが、情報であり、物語になれればと思いました。
今後も、研修会に参加させて頂きたいので宜しくお願い致します。
岡先生のご講演は、呼吸法を一緒にすることでとても気持ちがよく、お話も分かりやすかったです。父が肺気腫で亡くなったので、最後は波が引いていくような感じでした。人によれば呼吸ができなくなるのは窒息なので苦しまれる方もいらしゃると聞きます。息をすることの大切さ ありがたさ、そして癒しや心を落ち着ける効果があることを教えていただきました。ありがとうございました。
藤岡先生のご講演は、信仰をしているものですから とても興味深く心に響くものがたくさんありました。特に「情報」と「物語」の比較が分かりやすく、自分のことのようにといううところが共感できました。お坊さんのお話を聞いたとき、まるで私の悩みをこの方は知っていたかのように話してくださることに、度々遭遇するからです。とても ためになるお話で聞いただけで終わらず、心にとめて悟れるように生きてたいと思います。
本日は、ありがとうございました。
心に響くお話をいろいろお聞きすることができました。
私は仏教や宗教哲学的な学びは詳しくなく、ほとんどわかりませんし、何事も感覚で捉えるところがあります。ですが、精神世界的なことは結局は同じような着地点というか似たようなことを言われている気がしています。
それを誰から教わるのか、またどのタイミングで受け取ること(腑に落ちる)ができるのかに違いがあると感じますし、また生涯、気付きを得ることなく人生を終えることもあるかもしれません。
でも、そういう教えや学びを伝える人がたくさんいることは、世の中を変えることにつながる気がしています。
今回も大変素晴らしいシンポジウムでした。ありがとうございました。
藤岡先生の、「人生上の問題と、人生そのものの問題」と言うお話をお聞きして、感じたことを書かせてください。

呆気なく逝ってしまった父も、一人病院で頑張ってくれている母も、子供達に迷惑をかける事のない様、人生を貫いているのではと、自分勝手な考え方だと思いながら、最近その様な思いを心の底に持っていました。
九十歳を越えた両親が、どんなに子供達を大切に思い、支えてくれているかを感じては涙してしまう日々です。

そんな時に教えて頂いた、「人生上の問題と、人生そのものの問題」今、私が抱えている問題そのものだと思いました。
人生上の問題だけに捉われるのではなく、人生そのものの問題として向き合って行く事が、両親への孝行になるのかと思っています。

良い時間を頂いた事に感謝している気持ちをお伝えしたく、長々となり申し訳ありません。

自分の事で精一杯の私ですが、機会があれば講座やシンポジウムに参加させて頂きたいと思っております。